iPhone7sのアプリ開発の仕方

subpage01

iPhone7sのアプリは日々増えていますが、それは作成する環境が充実しているからと言われています。



iPhone7s用のアプリの開発は3Gから行なわれており、当初はWEBアプリもどきでしたが、その後、ネイティブアプリを作れるようにSDKが公開され、純正環境の充実、サードパーティ製の開発環境の提供と誰でもアプリが作れる環境が整っています。
iPhone7s用のアプリを作るには難易度によって開発環境が選べます。

All About情報を利用してみませんか?

もっとも簡単に作るならHTML5とJavascriptを使った開発環境がオススメですHTML5でGUIをデザインし、Javascriptで制御をするので特にWEBデザイナーに人気が出ています。

この手法は速度があまり出ないのが難点でしたが、バージョンを重ねるごとによくなってきており、現在ではゲームにも利用できる環境として利用が進んでいます。

また、Android開発を経験している方にはLIBGDXやROBOVMが使えます。これらの開発環境はJAVAですべてを構築できます。そのため、Android用のアプリを移植するにしても学習コストが大変少なくなると言われています。


また、ゲームであればUNITYやUnrealengineなどのサードパーティ製の開発環境もオススメです。